吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

映画深夜食堂

f:id:ginyu:20180408165619p:plain

 この人情物語よいねー。テレビドラマで好評だったので劇場版ができたということだが、テレビの作品ではなく劇場オリジナルのオムニバス映画である。登場人物のことは観客がある程度知っているという前提でお話が進むが、テレビ版を見ていなくてもだいたいは想像がつくのでよいかな。
 3話のうち、お気に入りには第2話。余貴美子っていい感じに歳をとった。貫禄といい色気と言いい、可愛らしさもあって、こんなおばさんにわたしもなりたい。
 第2話ではなんで若いみちるがホームレス同様の生活に落ちたのかがわからないのだが、とにかく彼女の才能を発見して引き出したマスターが偉い。それにこたえて頑張ったみちるも偉い。そのみちるを雇ってくれた女将もえらい。というわけで、気持ちのいいリレーが観られるこの第2話が好きだ。
 第3話は実は深い話なのだ。震災ボランティアと受援者の関係については、もっと幅広い社会運動の支援・受援一般の問題にまで当てはまる問題だ。あけみが震災被災者に向ける眼差しの中に、「利用主義」があったことを自ら悟場面なんかはなかなか良いのだが、もう少し時間をかけてじっくり描いてもよかったね。
 新宿の裏通りにこんな店があったら楽しいだろうなぁ。レトロな店構えがとてもいい。コの字に並ぶカウンターもお茶の間みたいだ。この映画のことをわたしの行きつけの飲み屋食堂のマスターに紹介したら、「へー、そんな店やったら僕もやりたいなー」と言っていた。(U-NEXT)

119分、日本、2014
監督:松岡錠司、製作:原田知明ほか、原作:安倍夜郎、脚本:真辺克彦、小嶋健作、松岡錠司、音楽:鈴木常吉、福原希己江、日南京佐、スーマー
出演:小林薫高岡早紀柄本時生多部未華子、渋川清彦、谷村美月余貴美子筒井道隆、菊池亜希子、松重豊光石研安藤玉恵、田中裕子、オダギリジョー