吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

私のはなし 部落のはなし

 

https://eiga.k-img.com/images/movie/96781/photo/951fa03a65630893/640.jpg?1646373474

一人の学生が、屠場(とじょう)の人々を撮影した「にくのひと」というドキュメンタリー映画を作った。思いのほか評判を呼んで劇場公開にこぎつけるところまで行ったが、部落解放同盟兵庫県連合会の抗議を受けて、作品はお蔵入りとなった。それから10年、かつての学生は部落問題に無理解だった自分を顧みて、今度こそは部落問題についての映画を作りたいと切望してカメラを回し始めた。そして完成したのがこの映画、3時間半の力作として世に出た。

 本作は被差別部落に生まれ育った人々の肉声によって織り上げられていく。八十代の女性から二十歳の青年まで、多くの人々が自身の経験を語る。座談会形式だったり単独インタビューだったりと語り方は様々だが、それらはオーラルヒストリーの手法によって記録されていく。つまり、口述による歴史である。記憶をたどる歴史である以上、そこには間違いや隠蔽が生まれるだろう。言い淀みが何を意味するのか、沈黙の時間が何を意味するのか、それを感じ取れるかどうかは観客の受容力に拠る。

 実在の地名とともに登場するいくつかの被差別部落には今でも人々が暮らしている。今では改良住宅が立ち並ぶその地域で、かつての街並みを語る老人の言葉から観客はその風景を想像する。若いころに受けた差別的言辞や所作を部落の古老たちはよく覚えていて、互いに思い出を語り合う。苦い思い出を。

 当事者たちの語りだけではわかりにくい、歴史的な解説を引き受けるのが黒川みどり教授である。黒川研究室の机の上に小さな黒板が置かれていて、黒川が板書していくその言葉が、部落差別の起源や歴史をわかりやすく説明してくれる。

 ここに登場するのは多彩な人々だ。「全国部落調査」を復刻して解放同盟に訴えられたユーチューバー、差別と闘い続けた老女、被差別部落の人々と付き合いながらも内心では差別していると告白する女性、ネットにあふれる差別的書き込みを読み上げるナレーター、彼らの声がハーモニーを醸し出し、ある時は不協和音となって観客の心に響く。この多声性が本作の魅力であろう。

 さらに、突如として「記録」が登場することが意義深い。それは京都市東九条地区を撮影した1968年の8ミリフィルムである。酸化が進んでもはや上映できないほど劣化したフィルムを修復する場面がわざわざ挿入される意味は大きい。私は記録をアーカイブする人間の一人として、この貴重な映像を全編見てみたいと強く願う。この8ミリフィルムを救い出したことも本作の功績だ。

 最後に、思春期時代の語り合いからすくい取られた、「痛み」を分かち合う「声」が未来に向けて発せられたことを観客が知るとき、まさに過去は前未来形で語られていると実感するだろう。この感動はぜひ映画館で味わってほしい。

2022
日本  Color  205分
監督:満若勇咲
プロデューサー:大島新
撮影:辻智彦
編集:前嶌健治
音楽:MONO

焼け跡クロニクル

https://eiga.k-img.com/images/movie/95671/photo/b45c888fbfdc676e/640.jpg?1630653035

 「焼け跡」は比喩じゃなくて、本当に火事で焼けたての、まだ消防車や救急車がサイレンを鳴らしている様子から映画が始まる。2018年、この映画の監督一家5人が暮らしていた京都の家が全焼してしまう。大事な撮影素材や機材を持ち出そうと原將人監督は火の中に飛び込んで火傷を負う。何もかもなくなってしまったが、とりあえず原將人監督以外の家族は無事だった、その状態でとっさに妻の原まおり監督がスマホで自分たちの様子を撮影し始めた。

 この映画は、焼け跡から家族がどのように生活を再建していったかを記録するホームムービーでありながら、十分映画作品としての鑑賞に堪えるものとなっている。ホームムービーがとかく家族の視線に収まってしまうことから自由になっていることがその要因だろう。家族と自分たちを映したセルフ映像でありながら、客観的な視線もまた感じるからだ。

 京都西陣の町家である古い住宅から火が出て、あっという間に全焼したが、幸い死者はおらず、周辺の家屋が類焼することもなかった。しかし何も残っていない、この状態でどうやって家族は暮らしていくのか? 世の中には火事に遭った人はそれほど多くないだろう。だから、焼け出されたらその日はどこで過ごすのか、家がないのにどうやって寝場所を確保するのか、知らないことが多すぎる。そういった、火事の後はどうしてるんですかという疑問に答えるような様子も映し出されて大変興味深い。

 そして、火傷を負って入院した原將人の痛々しい姿も映し出されるが、時の経過とともにその傷も癒えていき、なんと焼け残った貴重な8ミリフィルムも発見された。18歳の息子と5歳の双子の妹たちが画面に映った瞬間には、原將人監督の孫かと間違えたのだが、原まおり監督とは親子ほど歳が離れており、5歳の娘たちは原將人が63歳の時に生まれたのであった。

 この双子が何とも言えず愛らしい。やはり子どもは未来への光に違いない。彼女たちの成長がこの映画の中で見られることが観客にとっても驚きと喜びとなるであろう。少し歳の離れたお兄ちゃんがどことなくニヒルな感じなのもいい。家族の距離感と愛情が絶妙に合わさっており、この一家はどうなっていくのだろうという興味に引っ張られてあっという間に84分が過ぎる。監督が淡々とナレーションするその様も静かなユーモアがあって、こんなに大変なことがあったのに転んでもただは起きぬ映像作家魂に感動する。

 スマホの映像や焼け残りの古い8ミリ映像が映るので、劇場の大きなスクリーンで見るのはつらいと思う観客もいるかもしれないが、これが映画作品として後世に残る意味を考えたときに、よくぞ撮ってくれたという思いが強い。 今年また東北で震度6強地震があり、被害に打ちひしがれた人々が何人もおられることだろう。思い出の品を拾い集めていた311の被災者の姿もこの映画にだぶる。人は記憶を記録に刻むことによって救われていく。記録をアーカイブする業を担う一人として、この映画に感謝したい。

2022
日本  Color  84分
監督:原まおり、原將人
製作:原正孝
プロデューサー:有吉司
撮影:原まおり、原將人
編集:原まおり、原將人
音楽:原將人

アイリッシュマン

https://eiga.k-img.com/images/movie/86622/photo/25c032962f4b0fd5/640.jpg?1573087996

 ヤクザ映画は嫌いなのだが、これはネットフリックス製作の配信映画にもかかわらずアカデミー賞に10部門ぐらいノミネートされたので、記憶に残っていた。

 で、その結果。前半はかなり爆睡してしまったのだが、その原因は酔っぱらって観ていたからであり、素面の時に後半を続けてみたら、スコセッシ監督の演出力に感動した、という作品。3時間半以上あるのだから、じっくりと描かれているのが何よりだが、とにかく主人公が人を殺しまくるし殴るし、そんなに殴っても蹴っても踏みつけても殺してもなんで逮捕されないの?! と不思議極まりなかったのだが、どうやら実際にはなんども逮捕されているし、最後は老いてから長らく懲役刑に服していたようで、刑務所がほぼ老人ホーム化しているのには笑った。

 何よりも驚いたのがマフィアと労働組合が同列に描かれていたこと。というか、労組とマフィアが一体化していたこと。これほんまかいなと疑ったのだが、どうやらほぼ真実らしい。いや、いまだに疑っている部分はある。

 経営者たちがマフィアを雇って暴力的に労組に対峙したのがきっかけで、労組側も対抗手段として暴力に訴えるようになり、お互いにヤクザを雇って抗争するようになった。日本でも同じで、港湾労組はヤクザの荷役会社と対峙するために自らも武装して闘ったわけだし、関西生コンの組合員たちもしかり。そもそも権力や財力を持つ者たちが弱者を迫害するために暴力を行使したのが始まりなのだ。

 しかし、この映画の時代である1960年代にはすでに労組幹部はマフィアとどっぷり手を組んでいて、もはやどうしようもない状態であった。いまだに真相が明らかになっていない「ジミー・ホッファー失踪事件」に至る経過を描いたのがこの映画である。ジミー(アル・パチーノ)は全米トラック運転手組合のカリスマ委員長である。主人公はその右腕として最も信頼されたフランク・シーラン(ロバート・デニーロ)で、本作は年老いて余命いくばくもないフランクの回想によって物語が紡がれていく。

 登場人物が多すぎるのが難点だが、新たな人物が登場するたびに字幕が出て、「●●年に額に三発の弾丸を受けて死亡」という説明が出るのが面白い。その人物がろくでもない死に方をしたことが観客に強烈に印象付けられる。こういった説明部分を含めて演出がなかなか凝っている。とりわけ感動したのは、後半の、いよいよジミー・ホッファに危険が迫りくる場面でゆっくりとしたテンポで物語が進むところだ。このじらすような「溜め」の演出がたまらない。家族ぐるみのつきあいで血を分けた兄弟のように仲の良いジミー・ホッファとフランク・シーランだが、人の言うことをきかないジミーにフランクの苦悩が募る。さてどうなるのか、どうするのか。緊迫感が高まる。

 それにしても豪華な俳優陣には溜息が出る。そのうえ、イタリア系のロバート・デニーロアイリッシュの役で、アル・パチーノがイタリア系移民のことを「イタ公」と差別するのはなにかの冗談か? と思わず苦笑。その他にも重要な役者たちをイタリア系で固めているのに「アイリッシュマン」というのも面白い。アメリカ労働運動の裏面史を改めてちゃんと勉強したいと思った。(Netflix

2019
THE IRISHMAN
アメリカ  209分
監督:マーティン・スコセッシ
製作:マーティン・スコセッシロバート・デ・ニーロほか
原作:チャールズ・ブラント
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:ロビー・ロバートソン
出演:ロバート・デ・ニーロアル・パチーノジョー・ペシ、レイ・ロマノ、
アンナ・パキンハーヴェイ・カイテル

2021年映画のマイベスト

 毎日映画コンクールキネマ旬報の発表は既に終わり、アカデミー賞の発表もそろそろのようで、ようやくわたしも去年の映画を振り返る余裕ができた。いや実はもう年度末を迎えて切羽詰まっているのである。いま書かないともう今年は書けないので、無理やりにでも。

 去年は全部で177本の映画を鑑賞した。そのうち劇場鑑賞は45本。2020年に比べれば少し増えたが、劇場鑑賞数が少ないのは映画ファンとしてはあるまじきこと。それもこれもコロナのせい。と同時に、映画館に行く時間がなくて自宅で鑑賞したせいとも言える。

 2021年はドキュメンタリー豊作だったという印象が残っている。映画館で見ていれば評価が上がったに違いないドラマ作品も多い。映画館で見られなかったというのは本当に残念だ。映画は映画館で見るものです! 元々そういう風に造られているんだから!

 さて、印象に残った作品は以下の通り。☆は劇場鑑賞作、それ以外は自宅でDVD/Blu-rayまたは配信で見たもの。ベスト10なので10作を選ぶべきだろうが、10作品に絞れなかった。毎年言ってるが、これはあくまで個人的な好みなので参考になる人とまったくならない人がいると思う。また、2021年公開の映画だけではなく、過去作についてもベストの中に入れているのでご注意。

 以下に挙げた作品はすべて感想をブログに書いているので、興味のある方は記事検索してご高覧ください。


<映像の素晴らしさを堪能。劇場で見るべき作品>
DUNE/デューン 砂の惑星 ☆
くじらびと ☆ 

<おそるべきアニメ>
Junk Head ☆

<感動のライブ>
アメリカン・ユートピア ☆

<ドキュメンタリーの必見作>
けったいな町医者 
コレクティブ 国家の嘘 ☆
ハイゼ家 百年 ☆
ボストン市庁舎 
ユダヤ人の私
水俣曼荼羅 ☆

<演技と演出、ストーリー、すべてに感動>
ファーザー ☆ 
空白 ☆
由宇子の天秤 
すばらしき世界
17歳の瞳に映る世界 ☆ 

<シリーズの掉尾を飾る作品に感謝>
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ ☆

<枠外:2022年のベスト入り決定>
偶然と想像

 ※今年になってから見たので、来年の今ごろベスト10に入っているでしょう。


上記の作品にあえて順位をつけるとすれば、以下のとおり。
1. ファーザー
 水俣曼荼羅
 DUNE/デューン 砂の惑星
4.アメリカン・ユートピア
 くじらびと
 ボストン市庁舎
7.空白 
 コレクティブ 国家の嘘
 ハイゼ家 百年
  ユダヤ人の私
11.Junk Head
    由宇子の天秤 
  すばらしき世界
 17歳の瞳に映る世界
 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
 けったいな町医者


上記には入れなかったが、印象に残った作品や良作と思うのは以下の通り。

KCIA 南山の部長たち ☆
MINAMATA―ミナマタ― ☆
アメイジング・グレイスアレサ・フランクリン  ☆ 
ある人質 生還までの398日☆ 
アンモナイトのめざめ
クライシス
グレース・オブ・ゴッド ☆
ゴジラvsコング ☆ 
このすばらしきせかい
これは君の闘争だ
サンストローク 十月革命の記憶
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア 
スーパーノヴァ ☆
ナショナルギャラリー 英国の至宝 
ノマドランド ☆
パーフェクト・ノーマル・ファミリー 
バニシング
ブラックバード 家族が家族であるうちに
プロミシング・ヤング・ウーマン ☆
ロッコ、彼女たちの朝 ☆
わたしたちに許された特別な時間の終わり
異端の鳥 
引っ越し大名! 
火口のふたり
花束みたいな恋をした
顔たち、ところどころ
希望のかなた
軍中楽園
罪の声 
私は確信する ☆
痛くない死に方 
東京自転車節 
燃ゆる女の肖像
博士と狂人 
返校 言葉が消えた日
羊飼いと風船

すばらしき世界

https://eiga.k-img.com/images/movie/92069/photo/101301cf5a8c7791/640.jpg?1607405642

2021年11月鑑賞。

 元ヤクザの心優しき男がなんとか更生しようと懸命に努力しながらもなかなかうまくいかないという、可笑しくも悲しく切ない物語。

 殺人犯としての刑期を終えて出所した三上正夫(役所広司)は身元引受人となってくれた弁護士夫婦の元へやってきて、更生を誓う。もちろん本気だ。本気で堅気の生活を営もうと本人は思っている。しかししかし。

 いちどキレると手が付けられない暴力性を発揮する三上は、極めて正義感が強く、それゆえに不正義への怒りを抑えられない。いま彼が生きていたらロシア大使館に火炎瓶持って突っ込んでいたのではないかと思えるほどだ。そんな彼をなんとか守ろうとする人々が周囲にいて、そしてそんな彼を利用しようとする人たちもまた存在する。

 この作品で役所広司は実に魅力的な笑顔を見せる。凶暴さを内に秘めつつその暴発をなんとか抑えようと必死に耐える三上という単純かつ複雑な人間を、軽やかに演じた(ように見える)。役所広司から目を離せない、そんな映画となった。

 生きづらい、頑張っても頑張ってもうまくいかない、そんな人間がそれでもやっぱり頑張って生きていこうとする、その姿に感動しつつ、最後はとても切ないこの映画が実話を元にしているということが一層胸に迫る。西川美和監督、いい仕事をしている。(レンタルDVD)

2020
日本  Color  126分
監督:西川美和
製作:川城和実ほか
原案:佐木隆三 『身分帳』
脚本:西川美和
撮影:笠松則通
音楽:林正樹
出演:役所広司 三上正夫
仲野太賀 津乃田龍太郎
六角精児 松本良介
北村有起哉 井口久俊
白竜 下稲葉明雄
キムラ緑子 下稲葉マス子
長澤まさみ 吉澤遥
安田成美 西尾久美子
梶芽衣子 庄司敦子
橋爪功 庄司勉

 

白頭山(ペクトゥサン)大噴火

https://eiga.k-img.com/images/buzz/91785/cdfe8c82756b241c/640.jpg?1629943636

 一回目の鑑賞では途中爆睡。気を取り直して後日2回目の鑑賞では1.3倍~2倍速で見た部分も多いので、話がサクサク進んで楽しかったし、よくわかった。いやあ、最近は映画を一回見ただけでは理解できなくなってきているよ、わたしの脳みそやばい。

 そもそも白頭山が大噴火するという災害パニックものだと思い込んでいたのに、実際には北のスパイが大活躍のアクション映画だった。白頭山がどこにあるのかわからないと、この映画の前提が崩れるので、まずそこをチェック。北の共和国と中国との国境に位置していたのか! 勘違いしてた…(恥)。で、白頭山が大爆発したら朝鮮半島全滅だから、爆発的噴火を核爆弾でそらしてしまおうという「アルマゲドン作戦」だわな。

 韓国から白頭山に核爆弾をしかけに行くためには途中で北の共和国を通らないといけない。通るついでに核爆弾を盗んでいくという、行きがけの窃盗作戦。よくもまあそんなめちゃくちゃな作戦を思いつくもんです。

 で、ここで大活躍するのが北のスパイとして獄中に何年もいるリ・ジュンピョンで、獄中から引き出された彼の姿がすさまじい。イ・ビョンホンが悪臭放つ仙人みたいな恰好で演じているのが大迫力であります。火山学者として登場するマ・ドンソクがどう見てもプロレスラーにしか見えないのには笑った。

 アクションものではあるけれど、朝鮮半島が舞台になるとアメリカと中国がしゃしゃり出てくるという国際情勢がきっちり練りこまれているところには感心した。

 設定がそもそも荒唐無稽で、すべてが「うっそーっ」と叫びたくなるようなお話なのだが、それでも面白ければそれでええんじゃ~っっという雄たけびとともに最後まで突っ走る猛烈な映画。なかなか面白かった。イ・ビョンホンのラストは泣かせます。(レンタルBlu-ray

白頭山大噴火

監督:イ・ヘジュン、キム・ビョンソ
脚本:イ・ヘジュン、キム・ビョンソほか
撮影:キム・ジヨン
音楽:パン・ジュンソク
出演:イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、チョン・ヘジン、ペ・スジ

コレクティブ 国家の嘘

https://eiga.k-img.com/images/movie/95296/photo/89aea24b21f916c5/640.jpg?1630397624

2021年10月鑑賞。

 この映画はドキュメンタリーであることが信じられないほどにドラマティックに仕上がっているのが驚きの一作である。タイトルの「コレクティブ」は2015年に火災が起きたライブハウスの名称。映画の冒頭で、このライブハウスで行われているライブの模様が映り、気が付けばステージ横から発火していて、あっという間に火災が広がる様子がおそらくスマホで撮ったであろう粗い映像で映しだされる。実際の現場にいた聴衆の記録なのだろう。この衝撃的な映像から始まり、全編にわたって記録映像のすべてに解説が付かない。

 この火災が大きな社会問題となり政権を揺るがせるまでになった過程が、これでもかとばかりにえぐられていく様に圧倒される。火災で亡くなったり火傷を負ったのはほとんどが二十~三十代の若者であり、その数は死者27名、負傷者180名に及ぶ。しかし問題はこの後、入院中の患者が次々と亡くなり、ついには死者64名に達したことだ。その原因は消毒薬が薄められていたため感染症が引き起こされたことにある。薄い消毒薬を納品したのはどの製薬会社なのか? なぜそのような法令違反がまかり通っていたのか? 

 真相究明に乗り出したのはなんと、スポーツ紙の記者だった。ルーマニア政治記者や社会部記者はいったい何をしていたのかと不思議に思うが、それはともあれカメラはスポーツ紙記者を追う。そこからはあれよあれよという間に産官の癒着構造と汚職が明らかにされ、ついに内閣辞職に至る。そして新たに着任した若き保健相はやる気満々で、執務室の中まで入り込んでいるカメラの前で様々な改革の手を打つ。

 なぜここまでの密着取材が可能になったのかと驚きを禁じ得ない映像が次々と現れる。アレクサンダー・ナナウ監督がいかに被写体に信頼されているかの証左であろう。そして、ひたすら観察するだけのカメラは、一切のナレーションもインタビューも加えない。ワイズマン監督の手法と同じだ。

 被害者の実態にも迫り、蛆が湧く患部が映し出されたり、火事で指を失った29歳の建築家がカメラの前でそれでも希望を失わないと語る尊い姿も感動を呼ぶ。息子を失った両親は訴訟を起こし、国や病院、製薬会社の責任を追及している。

 映画の終わり方は決して明るい未来を予兆していない。現に、この映画のあと、ルーマニアでは排外主義を唱える極右政党が躍進しており、コロナ禍で保健相は辞職させられたという(劇場用パンフレット掲載の済藤鉄腸のコラムより)。

 この驚くべきドキュメンタリーは必見のうえにも必見だ。翻って我が国でここまでジャーナリズムが権力の腐敗を暴き、政治を動かすことが可能だろうか、と暗澹たる気持ちにも襲われる。

 2019
COLECTIV
ルーマニアルクセンブルク / ドイツ  Color  109分
監督:アレクサンダー・ナナウ
製作:アレクサンダー・ナナウ、ビアンカ・オアナ
撮影:アレクサンダー・ナナウ
音楽:キャン・バヤニ