吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。本ブログの文章はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス CC-BY-SA で公開します。

ラーゲリより愛を込めて

https://eiga.k-img.com/images/movie/95937/photo/cca4dc42c495c918/640.jpg?1653876409

 もう、「泣かせの瀬々」と呼んでもいいのではないか。劇場内はすすり上げる音が響く、ラスト数十分。だからこそ、賛否両論に分かれる本作だ。否定論者曰く開戦に至る経過が描かれていない、曰く日本人が被害者としてしか描かれていない、曰く北川景子に生活苦が感じられず美しすぎる、曰くお涙頂戴……云々。

 わたしの知り合いにシベリア帰りの労組幹部が居た。馬場新一というその人は90歳を過ぎても矍鑠(かくしゃく)として、わたしに会うたびに「一杯飲みにいこ、谷合さんと飲みたいねん」と言っていた。孫のような世代のわたしに伝えたいことがたくさんあったのだろうと今にして思う。もちろん何度も一緒に複数人で飲んだことはある。しかし、もっとじっくりご一緒すればよかったかと悔やむ気持ちもある。ラーゲリから生きて帰った人はそれだけでも体力があるっていうことだろうな、シベリア帰りは強いなあと、わたしはいつも感嘆していた。馬場さんが書いた『行き交う人々』(2003年)のラーゲリの思い出話を読む限り、この映画よりももっと悲惨なことが描かれている。隣で寝ていた男が朝には死んでいた、という経験を何度も繰り返すともう感覚がマヒしていくような。

 さて本作は実在の人物、山本幡男(はたお)たちのラーゲリでの11年を描く。満鉄調査部に勤務していた山本は、敗戦直後にソ連軍に連行され、戦犯として25年の刑を言い渡される。映画でははっきり描かれないが、「満鉄調査部」勤務でロシア語堪能と聞いただけで彼が左翼であったことが、わかる人にはわかるのだ。満鉄調査部は「転向左翼」であるインテリの吹き溜まりといえるような場所であり、つまりは非常に優秀な頭脳の持ち主たちが集まっていたのである。この点が映画ではほのめかし程度しか描かれていないところが残念だが、一般受けを狙う商業映画ではしょうがないのかもしれない。実際のところわたしにしても、山本が3.15事件で逮捕されているということを映画鑑賞後にWikipediaを調べて初めて知ったのだ。

 山本の強く気高い精神性は何によって涵養されたものなのか、彼が社会主義者であったからではないのか。しかしだからこそ、夢見た理想の社会主義国家であったはずのソ連で受けた仕打ちは彼を絶望で打ちのめすには十分であっただろう。戦争がやっと終わったというのに、60万人の日本人がシベリアに抑留されたという出来事は国際法違反である。当時スターリンによる粛清の嵐が吹き荒れるソ連にあっては密告が日常化し、互いに監視と裏切りの渦の中で翻弄され、人々は恐怖のうちに暮らしていたであろう。その空気は遠くシベリアまで浸透していた。

 そんなシベリアでは最初の冬を越せない抑留者が大量死した。山本はそこで9年を耐えたわけだが、彼は抑留者たちの中に依然として温存された軍隊の階級制を極端に嫌った。そして何度も元上官に逆らい、ソ連の監視人たちに逆らい、重労働に堪える仲間たちの待遇改善を訴えた。収容所内で持ち前の博識を発揮して文字が読めない者に文字を教え、俳句を教え、日本文化の勉強会を持った。ソ連の弾圧をかいくぐって行われたこれらの文化活動は、やがてソ連側からも「生産性向上に役立つ」とみなされていく。

 時に絶望から自殺する者や逃亡して射殺される者が出るラーゲリの中で常に希望を失わず仲間を鼓舞した山本も、ついに病に倒れる日が来る。帰国が絶望的となったとき、山本が行ったこと、仲間が行ったこと、それらは信じられないほどに見る者の心を打つが、すべてほぼ実話である。

 実話と言いながら、この映画ではいくつかの事実が伏せられている。その「隠された真実」が『週刊朝日』2023年2月10日号に掲載されていて、これには仰天した(Wikipediaにも多少触れられている)。そしてもう一つの大事な事実が書かれている、山本幡男の長男顕一のホームページを読んでほしい。幡男が軍と軍国主義を憎んだこと、靖国神社に合祀されていることを妻モジミは潔しとしなかったこと、顕一が父と同じ志を継いで戦争反対・反安倍政権の意思を強く訴えていることなどが綴られている。

2022
日本  Color  134分
監督:瀬々敬久
企画プロデュース:平野隆
原作:辺見じゅん 『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(文春文庫刊)
脚本:林民夫
撮影:鍋島淳裕
音楽:小瀬村晶
出演:二宮和也北川景子松坂桃李中島健人寺尾聰桐谷健太安田顕、奥野瑛太市毛良枝

ヒトラーのための虐殺会議

https://eiga.k-img.com/images/movie/97867/photo/492b0a6e32e69e50/640.jpg?1662596148

 1942年1月20日、「ユダヤ人問題の最終的解決」を議題とする会議がベルリンのヴァンゼー湖畔の邸宅で開かれた。主宰者は国家保安本部長官ラインハルト・ハイドリヒで、出席者は政府高官15名と議事録作成のために女性秘書が一人。ヒトラーは出席しておらず、この会議は優秀な官僚たちが集まって、その後のホロコーストを効率的に進めることを決定したものとして知られている。

 この会議の議事録が残っており、本作はその議事録を元に製作されたという惹句を見た瞬間に、これは絶対に見に行かねば!と思ったものだ。文字通りアーカイブズ映画ではないか。アーカイブズの活用事例そのものだ。この議事録の作成は若き女性秘書が行い、最終的にまとめたのはアドルフ・アイヒマンである。後にイスラエルに連行されたアイヒマンは、裁判の被告席で「命令に従っただけ」と自らが凡庸な公務員であるように見せかけたが、この映画を見る限りそれは嘘である。彼は非常に優秀な官吏であり、自らユダヤ人虐殺の方法をあれこれと考案してみせたことがよくわかる。

 映画は今も残る邸宅で撮影されたようだが、詳しいことは劇場用パンフレットを読んでもわからない。舞台はこの邸宅から動かず、ほとんど室内劇の、それも会議の実況中継のような作風なので、大変地味なのだが、それにも拘わらず見どころがありすぎて緊迫感に包まれている。

 ただし、ドイツ人の名前と役職を1度に15人分も覚えるのが大変で、誰が誰だったかわたしには最後まで完全には把握できなかった。この15人の中で最も印象に残るのは内務省次官のヴィルヘルム・シュトゥッカートとクリツィンガー首相官房局長である。

 シュトゥッカートは弁が立ち、法律に詳しいので、ハイドリヒが提案したことにことごとく異を唱える。シュトッカートにとっては反対するのは当然で、ユダヤ人排斥問題についての各種の法律は彼が作ったからだ。それを今さら覆されるのは屈辱である。彼がハイドリヒに理論的に反論する唯一の人間であることが印象深い。ナチスユダヤ人排斥が実はまったく法治国家の手続きを経ておらず、感情論や排外主義の熱狂の下に行われたことがよくわかる。しかし最終的にシュトッカートがどのように丸め込まれるのかは、見てのお楽しみ(楽しい話ではない)。

 会議の中でバビ・ヤール渓谷の虐殺事件が言及される。そのやり方が効率的であったと同時に、実行したドイツ軍兵士たちに心理的負担をもたらしたのではないかとクリツィンガー首相官房局長が案じている。彼は会議の間中、終始暗い表情でうつむき、ユダヤ人絶滅作戦に内心では異を唱えているように見えるのだが、実際には虐殺そのものには一切反対していない。これも自己保身なのだろう。クリツィンガーは牧師の息子だと自ら語っているように、このような非人道的なことには実のところ耐えられなかったのではないか。しかし彼の口から出た言葉は、「ユダヤ人のことを心配して言っているわけではない。心配なのはドイツの若者だ。彼らに精神的な負担を強いたりしないかと…」であった。ドイツの若者のトラウマを案じて顔を歪めている彼の本当の心の叫びは想像するしかないが、この会議の後ほどなくして彼は辞任しているし、戦後、ニュルンベルク裁判で「過去のドイツを恥じている」と述べている(Wikipediaドイツ語版より。Als einziger Teilnehmer der Wannseekonferenz von 1942 gab Kritzinger seine Teilnahme von sich aus zu und bestätigte den verbrecherischen Charakter derselben. Ferner erklärte er, sich „der deutschen Politik während des Krieges“ geschämt zu haben, und stimmte der Charakterisierung von Hitler und Himmler als „Massenmördern“ zu.)。

 官僚たちが腹の探り合いと自己保身に走り、「うちのユダヤ人」という言い方を繰り返し、ユダヤ人を「ゴミ」と呼ぶ、おぞましく耐え難い会議の間中、秘書の女性は何を考えていたのだろう。そして会議の間中笑顔を絶やさない爽やかで不気味なハイドリヒと、苦虫をかみつぶしたような顔をしている残忍そうな親衛隊中将ハインリヒ・ミュラーとの対比が興味深かった。

 古い建物の廊下では足音が響き、床がミシミシときしる、その音がまた異様に効果的だ。映画が終わってエンドクレジットが始まってようやくこの作品には劇伴が無かったことに気づいた。なるほど、だからあれほど足音が印象に残ったのか。

 ちなみに、ハイドリヒはその後まもなく暗殺されている。彼の暗殺については二つの映画があり、どちらも面白かった。

2022
DIE WANNSEEKONFERENZ
ドイツ  Color  112分
監督:マッティ・ゲショネック
製作:ラインホルト・エルショット、フリードリヒ・ウトカー
脚本:マグヌス・ファットロット、パウル・モンメルツ
撮影:テオ・ビールケンズ
出演:フィリップ・ホフマイヤー、ヨハネス・アルマイヤー、マキシミリアン・ブリュックナー、マティアス・ブントシュー、ファビアン・ブッシュ、ヤーコプ・ディール、ゴーデハート・ギーズ

ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

https://eiga.k-img.com/images/movie/97681/photo/01b72cd425cac889/640.jpg?1670479033

 "The Voice"とまで呼ばれた不世出の歌手の伝記映画。「ボヘミアンラプソディー」の脚本家が書いた脚本はしかし、あまり山と谷の組み合わせがはっきりせず、どこに山場を持っていってるつもりなのかがいまいち伝わりにくい。

 さすがにホイットニーの声を再現できる役者はいないから、主演女優は口パクで音源はすべて本人のものだ。だから、ホイットニーの歌をたっぷり堪能出来てとても満足。ストーリーや人物描写の深みは物足りなくても、歌が素晴らしいので144分がまったく長く感じない。それに、口パクとはいえ、ナオミ・アッキーはかなり好演しており、熱唱ぶりが伝わってくる。

 人物像については当事者がまだ生存しているからだろうから、あまりつっこんだ描写がしづらかったのかもしれない。同性愛の恋人だったロビンとの確執がいったいどうなったのかよくわからないし、大喧嘩したのになぜ仲直りできたのかも謎。ケビン・コスナーは「ボディーガード」の映像でちらっと登場するが、マイケル・ジャクソンとかジャネット・ジャクソンは名前が呼ばれるだけで本人の姿はチラリとも登場しないのは残念だ。

 ボディーガードといえば、うちのY太郎が大学1年のとき、ホイットニーの公演の警備のアルバイト(派遣だったかも)をしたことを思い出す。黒い背広を着てホイットニーの「ボディーガード」を務めたのである。まあ大したことはしてないだろうけど、ホイットニーの歌声を間近で聞けて感動していた。高音部はほとんど声が出ていなかったけれど、それでも抜群に上手かったという。彼女はそれから2年後には亡くなったわけで、惜しい才能を48歳で失ってしまった。映画では言及されていなかったが、一人娘もその2年後に母親と同じくドラッグによって亡くなってしまうのだから、本当に悲しい。

 2022
I WANNA DANCE WITH SOMEBODY
アメリカ  Color  144分
監督:ケイシー・レモンズ
製作:デニス・オサリヴァンほか
脚本:アンソニー・マクカーテン
撮影:バリー・アクロイド
音楽:チャンダ・ダンシー
出演:ナオミ・アッキー、スタンリー・トゥッチ、アシュトン・サンダーズ、タマラ・チュニー、ナフェッサ・ウィリアムズ、クラーク・ピータース

2022年のベスト映画

 今頃だけれど、2022年のベストを選出。

 映画館で見たのはなんと35作だけ! この数は衝撃的に少ない。DVDや配信で見たのは117。合計152作である。2022年に公開された作品のうち、2022年のうちに見たのが少ないので、これで2022年のベストを決めるのもおこがましいし、そもそも作品の母数が少なすぎるのがとても気になるのだが、それでも無理にベストを選んでみた。

 結果は下記の通り。2022年製作の映画ではなく、過去作でも2022年にわたしが見たものはこの中にカウントする。☆は劇場で鑑賞した作品。

 作品名をクリックすると感想記事に飛びます。

<ベスト1>

エルヴィス ☆

<ベスト・ドラマ作品>

アイリッシュマン
キングスマン:ファースト・エージェント ☆
余命10年 ☆

ベルファスト ☆
ドント・ルック・アップ
偶然と想像 ☆
テロ,ライブ
シカゴ7裁判

<ベスト・ドキュメンタリー>
教育と愛国
 バビ・ヤール ☆

 ベスト10を選ぼうと思ったのに、11作品になってしまった。エルヴィス・プレスリーのファンとしては「エルヴィス」が1位であり、これは誰がどう文句をつけようが1位なのである。そしてドラマとドキュメンタリーは順不同。ドラマ部門で印象に残ったことは、ネットフリックス配信作品で良作が増えてきたこと。ここに挙げなかったが、いい作品がたくさんあるので、ベスト作品から落としたのが悔やまれる。

 2022年は鑑賞作品数が少なすぎるのがなんといっても悲しいし、残念きわまりない。2023年こそは多くの作品を映画館で見たいものだ。しかし今の業務の具合から見て、その時間を捻出するのは極めて厳しい。やっぱりチマチマと配信で見ることになるんだろうか…

 <以下、追記>

 2022年に見た152本のうち77本の感想はこのブログに書いた。それらはみな佳作・良作・傑作・怪作なのでぜひご覧あれ。

 感想を書き損ねた作品のうち、人にもおすすめしたいのは以下の作品。

・ウェストサイド・ストーリー

・オクジャ

・ フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

・ ミュンヘン:戦火燃ゆる前に

・白い牛のバラッド

ダ・ヴィンチは誰に微笑む

プラハモーツァルト 誘惑のマスカレード

チョコレートな人々

https://eiga.k-img.com/images/movie/98174/photo/105e51fb0cbb3d3d/640.jpg?1666679365

 愛知県豊橋市が発祥の地である「久遠(くおん)チョコレート」は全国展開して50以上の拠点を持ち、障害者雇用の成功例として知られている。しかし最初からうまく行ったわけではない。代表の夏目浩次(45歳)は、地域最低賃金を上回る賃金を障害者に保証することを目的に2003年にパン屋を立ち上げたが、たちまち一千万円の借金を抱えることになる。

 今では久遠チョコレートは障害のあるなしにかかわらず、心のしんどさを抱える多様な人々が生き生きと働く職場であり、こだわりの無添加高級チョコを生み出す年商16億の店へと成長した。「大事なことはもがくこと。うまくいかなくたっていいんだ」と夏目は明解に述べている。こんなカッコいい社長はなかなかいないよ。

 17年前の夏目が画面に映ると、そこには少年の面影を残した若者が自ら起業したパン屋で障害者とともに懸命に働く様子が見える。そうか、17年にわたって東海テレビは夏目を追いかけていたのだ。利益の薄いパンに見切りをつけて、チョコレート製造に切り替えてからは久遠チョコはあっというまに大きくなった。チョコレートは失敗したら溶かして作り直せばいい。人生と同じじゃないか。

 画面いっぱいに次々と映しだされる美味しそうでカラフルなチョコレート。2013年にトップショコラティエ(チョコレート職人)に出会って、チョコづくりを指導してもらい、心身に障害のある人々にも作業できるように工程を細かく分けることによって久遠チョコは出発する。障害者の作業所では1日働いても800円しか賃金をもらえないことがあるのに、久遠では地域最低賃金を保証することを目標にしている。始まりは障害者のためだったが、今では家庭をもつ女性やLGBTの人など、誰もが働きやすい職場になっている。

 夏目はなぜ障害者雇用にこだわるのか? その理由を語る彼の目に涙が滲む。彼自身も臍(ほぞ)を噛むような思いを抱えて生きてきたのだ。そして、久遠チョコは順風満帆だったわけではない。ハラハラドキドキの失敗物語もリアルに映し出される

「全ての人々がかっこよく輝ける社会」を作るという理想に向かってもがく夏目がいる限り、久遠チョコはまだまだ伸びるだろう。しかし、彼がいなくなったらどうなるのか。後継者は育っているのか。傑出した経営者に続く二代目は苦しい。17年後の夏目と久遠チョコを見てみたいものだ。他人事のような態度を批判する夏目の厳しさにもハッとさせられる。久遠チョコの未来のために何かをしたいという気持ちにさせられるドキュメンタリーだ。

2022
日本  Color  102分
監督:鈴木祐司
プロデューサー:阿武野勝彦
撮影:中根芳樹
音楽:本多俊之
ナレーション:宮本信子

ファミリア

https://eiga.k-img.com/images/movie/97731/photo/a9a3e7e9da5e81fc/640.jpg?1667894637

 巨大自動車産業の町、愛知県豊田市にある保見団地には約8000人が住み、その半数が外国人でさらにその大半がブラジル出身者である。映画は巻頭、保見団地の建物を真上からドローン撮影し、外壁を舐めるようにカメラが滑り降りていくと、そこには仕事を終えたブラジル人たちがマイクロバスに乗って団地に戻ってくる様子が映し出される。この巧みなシーンが印象深い。本作ではこのような移動カメラによる長回し撮影がたびたび使われる。

 主人公は豊田市近郊の里山で焼き物を作る孤高の職人・神谷誠治(役所広司、相変わらず名人芸)。彼の自慢の一人息子・学が駐在していたアルジェリアから新妻を連れて一時帰国してきた。新妻ナディアは元難民であり、戦火に巻き込まれて両親を失っていた。学も早くに母親を亡くして父子家庭で育っている。そんな二人は共鳴するところがあったのだろうか、学とナディアが互いを尊重し深く愛し合う様子が微笑ましく描かれる。

 そんな彼らのところに、日系ブラジル人の若者が半グレ集団に追われて偶然逃げ込んできた。半グレのリーダーである男は地元の有力実業家の息子で、ブラジル人を心底憎んでいる。ここから物語は一気に動き出し、ブラジル人たちのコミュニティの陽気さと、日本人からの差別と憎悪を浴びせられる苦しさとが表裏一体のこととして描かれる。

 神谷誠治一家に降りかかる悲劇と在日ブラジル人たちの悲劇が並行して描かれ、実際に起きた事件をいくつも練り込んであるので、本作はフィクションといいながら、一つずつの事件の記憶が観客の瞼に蘇る。まさに今ここにある問題を扱った作品と言える。だがそれが一方では、事件の詰め込み過ぎというきらいがないわけではない。偶発的な事件の積み重ねは、ラストシーンへとなだれ込む感動の頂点への布石なのだろう。

 家族とは何だろう。それは血縁にこだわらず、国籍も言葉も文化も異なる人々が互いを慈しみ育みあう共同体、だとすればその集団にあえて「家族」と名付ける必要はなかろう。それでも本作は、「共感」をつながりの糸にして生きていく人々が、家族になることを求めて地を這い、血を流していく過程をじっくり描き、わたしたちに家族=ファミリアの一つの形を見せてくれる。

 生まれながらに家族を喪っていた主人公が、さらに大きな悲劇を体験し、それでもなお前を向いて生きていく姿に、観客は何を感じるだろう。家族がそろうお正月に、家族が共に暮らしふつうの生活を送っていることじたいが奇跡のように幸せなことではないかと思わせる、ずっしりと手ごたえのある本作をぜひ味わってほしい。外国人労働者、差別、ヘイト、家族の紐帯、様々に託されたメッセージを噛みしめながら。

ファミリア
2022
日本  Color  121分
監督:成島出
製作:野儀健太郎
脚本:いながききよたか
撮影:藤澤順一
音楽:安川午朗
出演:役所広、吉沢亮、サガエ・ルカス、ワケド・ファジレ、室井滋、アリまらい果、松重豊、MIYAVI、佐藤浩市

生きろ 島田叡 ―戦中最後の沖縄県知事

https://eiga.k-img.com/images/movie/94333/photo/d102b624f9db59fb/640.jpg?1612234067

 戦前最後の沖縄県知事・島田叡(しまだ・あきら)の知事としての最期の生きざまを記録映像と証言によって構成するドキュメンタリー。

 島田は今でいうキャリア官僚なのに、リベラルな思想を持っていたためだろう、内務省の中央省庁には勤務したことがなく、地方を転々としていた。そして大阪府内政部長を務めていた1945年1月、沖縄県知事として那覇に行くように辞令を受け取る。当時の知事は選挙で選ばれるのではなく、辞令によって内務官僚が就いたのである。沖縄の前任知事は出張と称して東京へ行ったきり、沖縄には戻ってこなかったのだ。やむなく島田は死を覚悟して沖縄に赴く。生きて帰れないことは彼も、家族もわかっていた。

 沖縄県民を犠牲にし沖縄の言葉を「悪しき方言」と言って使うなと命じた軍は、沖縄の人々をスパイ視していた。島田叡は、住民に犠牲を強いた悪名高い牛島満中将と対立しつつ、一方では協力しつつ、軍に抵抗しきれず、戦争に反対しきれず、結局は流れに棹さして流されてしまった。しかし、彼が最後まで抵抗し拒否したのは、沖縄県民の玉砕である。彼は県職員に、県民に、兵士に、「生きよ」と言い続けた。

 戦後の多くの証言が画面に映し出されるのだが、これが本作のために新たに収録されたものなのか、アーカイブ映像なのかがわかりにくいのが欠点だ。撮影時の年代を「●年頃」という曖昧な形でもいいから表示してほしかったものだ。全体としては誠実にかっちり作られているという印象を持つドキュメンタリーであり、つまりは少々淡々とし過ぎているとも言える。

 この映画を見て、わたしは摩文仁の丘にはまだ行ったことがなかったことを思い出した。できるだけ早く行ってみたい。

 公文書が何度も引用されるところ、手紙などのアーカイブズが多用されるところは、まさにアーカイブズ映画の真骨頂だ。一人でも多くの人にこの映画を見てほしい。(Amazonプライムビデオ)

2021
日本  B&W/C  118分
監督:佐古忠彦
プロデューサー:藤井和史、刀根鉄太
撮影:福田安美
音楽:兼松衆、中村巴奈重
主題歌:小椋佳 『生きろ』
語り:山根基世津嘉山正種佐々木蔵之介