吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

エクストリーム・ジョブ

画像2

 面白過ぎる! 前半はコメディ、後半はアクション。後半のアクションがちょっと長すぎて途中で疲れてきたが、それでも最後までぐいぐい引っ張る面白さは落ちない。韓国映画のすごさを知ったよ、ほんま。こんなあほらしい映画を面白く見せてしまう手腕に脱帽です。

 麻薬犯罪組織を摘発するために日夜彼らを見張っている麻薬捜査班はろくな手柄を立てることもなく、もはや班の存続は風前の灯。警察署長からは班の解散を命じられる有様だが、コ班長以下、キャラの立ちまくった警官たちは麻薬組織の事務所の向かいにあるフライドチキン屋を買収して潜入捜査を開始する。しかししかし、うっかりあまりにも旨いチキンを作ってしまったために店は思わぬ大繁盛。本業の捜査そっちのけで店の切り盛りに大わらわとなる麻薬班だったが。。。。

 最初からずっとハイテンション、ハイスピードで笑わせられっぱなし。捜査のカモフラージュのために始めた店が大繁盛というプロットはウディ・アレンの「おいしい生活」からヒントを得たような感じだが、ウディの作品とはまったく異なり、こちらは刑事もののアクション映画である。脚本がよくできていて、笑いのつぼがことごとくわたしのリズムにあうので、楽しめた。とはいえ、ウハウハと笑っているうちにいつの間にか寝てしまって、ラストがどうなったのかしらないまま終わってしまった! やむなくもう一度見る破目になったが、二倍速で見直してみたらこれまた面白くて笑った。

 中野良子や若いころの山口美江に似たイ・ハニのクールビューティぶりが見ごたえたっぷり。

 韓国映画の面白さを再確認した一作。頭を使いたくない、とにかく楽しい映画を見て笑いたい、すかっとしたいというときにはぴったりの作品。(レンタルDVD) 

2019
EXTREME JOB
韓国 Color 111分
監督:イ・ビョンホン
脚本:ムン・チュンイル、ペ・セヨン、ホー・ダーチュン、イ・ビョンホン
撮影:ノ・スンボ
音楽:キム・テソン
出演:リュ・スンリョン、イ・ハニ、チン・ソンギ、イ・ドンフィ