吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

スウィンダラーズ

https://eiga.k-img.com/images/movie/88461/photo/17fbcf47b721f785/640.jpg?1529547026

 ヒョンビン目当てで見た映画。イヤー面白いですねぇ、さすがは韓国映画。これは詐欺師が詐欺師をだます話で、日本ならコンフィデンスマンJPの類なんだけど、さすがはヒョンビンが演じるだけあってアクションものなのであります。

 しかも話がだんだんこんがらがってきて、後半はもう誰が誰を騙しているのかさっぱりわからない。つじつまが合っているかどうかも不明。しかしそんなことはどうでもよくて、とにかく面白ければそれでいい! 韓国映画ってこういうところが良くも悪くもエンタメ作りに長けているところだと感動するわ。

 日本のコンフィデンスマンたちの映画がまったく政治性も社会批判もないのに対して、韓国のは明確に権力批判があるから、そこはさすがと思わせる。何しろ詐欺師の親分が最高検事総長を目指す上昇志向の強い若手検事なんだから。

 ヒョンビンはもちろんかっこいいんだけど、悪役検事役のユ・ジテもよかったわー、彼の顔はどこかで見たことがあるから、これまでの映画で何度も見ているはずだが、今回初めてものすごく印象に残った。しかも眼鏡をかけている場面がよくて、外すとがっかり。メガネ男子のユ・ジテ推し!

 韓国は日本以上に監視社会と見えて、町中いたるところに監視カメラが設置されている。むしろ監視カメラを追いかけている検察側詐欺師の「ここから先はカメラがありません!」というセリフを聞いて、「なんでやねん、もっとカメラを設置せんかい!」と思ってしまうところが怖い。もうわたしたちはこういう社会にすっかり慣らされてしまったのか。(Amazonプライムビデオ)

2017
韓国 Color 116分
監督:チャン・チャンウォン
脚本:チャン・チャンウォン
撮影:イ・テユン
音楽:パン・ジュンソク
出演:ヒョンビン、ユ・ジテ、ペ・ソンウ、パク・ソンウン、ナナ、アン・セハ