吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。感謝。

2019年の映画振り返り

 劇場で見たのは84本。そのうち、「ボヘミアンラプソディー」は3回見た。これ、2018年のマイベスト1で、そのままの勢いで年が明けてからも3回見に行ってしまった、というもの。

 DVD、Blu-ray、ネット配信で見たのは137本。こんなに多くなった理由はAmazonプライムビデオのおかげ。iPadにダウンロードし、寸暇を惜しんで通勤電車内などで見た結果、この数字となった。しかしこういう映画の見方は邪道だと自分でも思っている。集中力および作品に対するリスペクトに欠ける。映画館で見ていたら高得点になった可能性のある作品もあるだろう。

 で、全部で220本217作品(繰り返し見たのを除くのと、「ああ荒野」の前後編を1作品と数える)から去年のマイベストを選出。 

 レンタルDVDやネット配信で見たものには※をつけた。

◆とにかく大好き、作品の出来もよし 

COLD WAR あの歌、2つの心
カツベン!
グリーンブック
金子文子と朴烈(パク・ヨル)
女王陛下のお気に入り
僕たちは希望という名の列車に乗った
蜜蜂と遠雷
1987、ある闘いの真実 ※
ボヴァリー夫人とパン屋 ※
家族を想うとき
主戦場
◆作品の出来は関係ない、映画って好きになれるかどうかだねぇ
昼顔 ※
エスタデイ
ブラックパンサー ※

◆好き嫌いとか言ってる場合じゃないすごい映画
ボーダー 二つの世界

◆ひたすら笑っていた
翔んで埼玉
決算! 忠臣蔵

◆一番泣いた映画
8年越しの花嫁 奇跡の実話(瀬々敬久監督)※
バジュランギおじさんと、小さな迷子
 
◆これは別格
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 
 

◆選外にするのは惜しい良作・佳作・怪作 

 JAWS/ジョーズ
THE GUILTY/ギルティ
寝ても覚めても
12か月の未来図
ちいさな独裁者  ※
ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 ※ 
パッドマン 5億人の女性を救った男
フリーソロ
よこがお
アイアン・スカイ第三帝国の逆襲 ※
エセルとアーネスト ※
ジョーカー
勝手にふるえてろ ※
作兵衛さんと日本を掘る
ヘヴンズ ストーリー ※

アルキメデスの大戦