吟遊旅人ピピのシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。感謝。

金子文子と朴烈(パクヨル)

ãã¹ã¿ã¼ç»å
  原題の「朴烈」を邦題では「金子文子と…」としたことが大正解だ。この映画は朴烈の生涯を語るものではなく、金子文子の鮮烈な生き様を描いているからだ。朴烈の72年の生涯のうち、映画はわずか数年しか描いていない。だが、彼が金子文子と暮らし、関東大震災のどさくさに逮捕されて結局は大逆事件で死刑を言い渡されるその数年間が、彼にとって最も輝いていた時代なのかもしれない。
 物語は1923年、東京有楽町の小さなおでん屋から始まる。「社会主義おでん」という品書きのあるその店で働く二十歳の金子文子は、「犬ころ」という詩に強く惹かれていた。その作者朴烈は植民地朝鮮から東京にやってきた若きアナキストである。店で朴烈と出会った文子は、いきなり「同居しよう」と持ち掛ける。
 このように、文子は破天荒で明るく、無邪気でお転婆な娘であった。演じたチェ・ヒソは浅野温子にそっくりな韓国人。大胆不敵な不逞の日本人・金子文子を魅力たっぷりに演じた。チェ・ヒソは小学生のころ日本で過ごしていたこともあって、たいそう日本語がうまいし、下手な朝鮮語も雰囲気に違和感がない。女優根性を見せた努力の結晶のような演技だ。
 さて、二人が出会って同棲するようになって間もなく、関東大震災が起きる。朝鮮人虐殺が6000
人に上るという数字が閣僚たちに知らされると、その事実を隠蔽するために、社会主義者無政府主義者たちが検束・逮捕されていく。朴烈と金子文子も逮捕され、やがてフレームアップされた皇太子爆殺未遂の「大逆事件」として死刑を宣告されることになる。
 しかしこの取り調べの過程で不思議なことに若き判事は文子と烈に惹かれたのか何か下心があったのか、妙に手ぬるい待遇を施す。これが後に一大スキャンダルを巻き起こす「朴烈怪写真事件」へと結びつく。
 この辺りは実際にはかなりシリアスな展開のはずなのだが、演出はあくまでもユーモラスであり、自ら大逆事件を捏造したかに見えるような朴烈の大言壮語や文子の過激な発言が熱を帯びていく。
 その明るい笑顔で見る者を魅了する文子だが、実際には彼女の境遇は悲惨なものであった。獄中で自伝「何が私をかうさせたか」を書きあげた文子は、法廷でも堂々と自説を述べ、公判はほとんど彼女と烈のアジテーションの場と化していく。裁判所側は二人に演説の機会を与えてしまうことを避けるために、とうとう裁判を非公開としてしまった。そしてついに死刑判決が下ることになる。
 この映画の最大の魅力は、何といっても金子文子のしたたかで力強い抵抗精神の発露である。その不屈の魂は朴烈のそれをも上回る。映画ではその後の朴烈については描かれていないが、彼は何度も転向を繰り返すこととなる人物なのである。
 この映画に登場する日本人については何人も韓国人が演じているが、その日本語のうまさに驚く。在日韓国人が演じた場合はもちろんであるが、ネイティブ韓国人でも相当に日本語が上手なのでほぼ違和感がない。
 また、日本人官僚の中で悪役を一手に引き受けている水野錬太郎内務大臣役のキム・インウの悪魔的演技が見ものである。それはやや過剰とも見えるが、演出が全般にわかりやすさを追求するものなので、これもさほど違和感がない。
 あとは、彼らを取り調べた予審判事の心理的葛藤が不明なので、ここを描けていれば深みが出たのではなかろうか。
 しかしこういった小さな瑕疵を差し引いても、本作は金子文子と朴烈の生きざまが熱く胸に響く、痛快な作品である。
 なお、映画では史実を多少変えてあり、時間軸にも変更が加えられているため、もっと深く知りたい人のためには、金子文子『何が私をかうさせたか』(国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。当エル・ライブラリーでも戦後の再刊書を所蔵
)や、金一勉『朴烈』、『金子文子 朴烈裁判記録』黒色戦線社などをご覧いただきたい。いずれもエル・ライブラリーで所蔵している。
 また、この映画の公開を記念して、当館ではミニ展示を開催中。詳しくはこちら。
(本稿は機関紙編集者クラブ「編集サービス」に掲載した記事に加筆したものです。同誌に掲載した時点ではチェ・ヒソさんを在日韓国人だと思い込んでいたので、そのように誤記してしまいました。お詫びして本文にて訂正します)
 金子文子と朴烈(パクヨル)
129分、韓国、2017
監督: イ・ジュンイク
脚本: ファン・ソング 
撮影: パク・ソンジュ 
音楽: パン・ジュンソク 
出演: イ・ジェフン、チェ・ヒソ、キム・インウ、山野内扶、キム・ジュンハン、金守珍