吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

SCOOP!

f:id:ginyu:20190429192204p:plain

 これは好みが分かれそうな映画。わたしはまったく期待せずに見たので、「意外に面白いやんか」と最後まで楽しめた。しかし、なんだか時代設定が古臭いと思ったら、やっぱりオリジナルは1985年の作品だったのか。どうりで、今や写真週刊誌なんか売れないのに、なんでパパラッチがあれだけ必死に芸能人を追いかけるのかがよくわからなかった。とはいえ、今でも「文春砲」とかあるんだから、写真の威力は大きいのだろう。
 というわけで、男前の福山雅治がやさぐれ中年パパラッチカメラマンを演じる。巻頭いきなりカーセックスの場面。福山くんは街娼を買ったらしく、車に派手な女性を連れ込んでいる。そしてコトが終わるとすぐに車を発進し、夜の街を爆走する。狙った相手のスキャンダル写真を撮るためだ。
 彼はもとは社会派カメラマンだったらしいのだが、今はフリーのカメラマンでぐうたらな生活をしている。元雇われていた出版社に写真を売りつけにいくと、なぜかその会社の週刊誌の新人女性記者の教育係を頼まれる。依頼したのは吉田羊が演じる、気のキツそうな編集者。この人、これまでもどこかの作品で見ているはずだけれど、今回はえらく美人なので驚いた。強烈な個性の「編集長」役がよく似合っている。
 で、新人女性記者対中年スケベカメラマンのコンビは予想通り、最初から衝突を繰り返すが、やがて徐々に互いを認め合うようになり、、、という展開。
 ただし、そうそう簡単に事が運ばないところがなかなか食わせもので、パパラッチの芸当ぶりも面白く、リリー・フランキーのいかれたジャンキーぶりも演技力に脱帽、とけっこう見どころがある。ただ、どうしても福山の役が本人のキャラにあっていないと思えて、無理に悪ぶっている感じが漂うのがいかん。男前すぎると役の幅が狭くなってしまうね、損だ。
 結末はけっこう切なかったので、そこそこいけてる映画じゃないかと思わせた。ただし、派手なコメディの部分があまりわたしには合わない。中途半端だからだろう。演出のトーンが一定しない感じがして、ずっと小さな違和感を持ちながら最後まで行ってしまった。二階堂ふみのベッドシーンはなんで下着をつけたままなんだ。この中途半端さが違和感の原因か。あと、福山雅治カメラマン「転落」の原因とか、恋人と別れた経過とか、過去がはっきり描かれていなかったことも不満点。だけど、面白いので見てね。(Amazonプライムビデオ)
スクープ
2016、120分、日本
監督・脚本:大根仁
撮影:小林元、音楽:川辺ヒロシ