吟遊旅人ピピのシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。感謝。

アマンダと僕

f:id:ginyu:20190714145314p:plain

  ある日突然愛する人を失う、ということはありえる話だ。事故、事件、突然死、さまざまな理由で人は逝く。だから、この映画の主人公、24歳のダヴィッドが愛する姉をテロ事件で突然喪っても、それは交通事故死などと同じことかもしれない。

 テロが原因で肉親を亡くす。それは今のフランス、とりわけパリのような大都会ではもう他人事ではなくなっているのだろう。だからこそ、喪失から立ち直らねばならない人々にとってこの映画はどのようにみられるのだろうか、そのことがとても気になる。
 というのも、この映画ではテロの前も後も実に淡々と日常生活が描かれていくからだ。仲の良かった姉を失ってもちろんデヴィッドは悲嘆にくれる。シングルマザーであった姉の遺児、7歳の姪アマンダの養育も自分の責任としてのしかかってきた。平静ではいられないだろう。けれど、日々生活は続き、人は働き食事をし、家族の世話をせねばならない。
 巻頭、まだ自分が何者であるのかもわからないような若者の日常生活が映し出される。デヴィッドは正業には就いていないで、いくつかのバイトをかけもちして生きている。そんなときに美しい娘レナと知り合い、彼女といい仲になっていく。また、美しい姉とは仲良くパリの街を自転車で駆け抜けていく。この場面では、わたしが生まれて初めてヨーロッパへ行った昨秋のパリ旅行を思い出してとても懐かしかった。パリの街をレンタサイクルで走り抜けた、あの時のちょっとしたスリルと爽快感は忘れられない。わたしの目の前にはわが息子(27歳)がいて猛スピードでペダルを漕いでいたので、わたしは追いつくのに必死の思いであった。そんな個人的な思い出も蘇り、パリの美しい街並みも思い出されて、もう一度二度三度と訪れたい町パリが恋しくなる。
 ところがそんなデヴィッドに突然の不幸が訪れた。テロ事件の様子はほんの少ししか画面には映らない。そもそも誰が犯人で何が目的であったのかも描かれない。映画はそんなことには関心がないかのようだ。ただほんの一瞬、スカーフを被ったムスリムと思しき女性が街角で人と言い争っている場面がほのめかしのように映し出されるだけ。
 テロ事件の被害者であるデヴィッドもアマンダも事件のことには触れないし、彼らは犯人への憎しみにも政治にも関心がないかのように見える。ただひたすらデヴィッドはアマンダの養育をどうすればいいのかと思いまどう。さらには、なんという偶然か、恋人になったばかりのレナもまたテロ事件でケガをしていたのだった。
 人々の心に傷を残していった事件から、彼らはどのように立ち直っていくのだろう。それはもう、ただひたすら愛することしかない。残された者どうしで愛し合うしかない。そんなことをこの映画は淡々とじっくりと描いていく。
 母を喪ったアマンダは、自分がどうなるのかと気がかりでとても厳しい表情をしている。時には感情が高ぶり、わがままも言う。彼女は本能的に知っている、だれが自分の保護者になってくれるのか、自分の身を守るためにはどうしたらいいのかを。たった7歳の少女に身に起きた、理不尽な事件は彼女の心の奥に滓のように悲しみをよどませていく。しかしラストシーンのアマンダの涙でその澱みがほんのかすかに晴れていくのを見たような気がする。人は涙を預けられる人の胸で泣くのだ。そう、それでいい、それでいいんだよ、アマンダ。
 デヴィッドの涙もまた尊い。姉を喪い、突然保護者にならざるをえないわが身の心細さったら、耐えきれないほどだ。アマンダとぼく、ふたりとも誰かの支えがないと生きていけないほど若くて弱い。でもその二人が、周囲のさまざまな人たちとのちょっとしたエピソードを重ねながら少しずつ寄り添い始めていることがわかってくる。
 決してこのままハッピーエンドとは思えないラストだけれど、前を向いて歩いて行ける、これからも淡々と。 
AMANDA
107分、フランス、2018
監督:ミカエル・アース、
脚本:ミカエル・アース、モード・アメリーヌ、音楽:アントン・サンコー
出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトリエ、ステイシー・マーティンオフェリア・コルプ

Webサイト閉鎖のお知らせ

 2019年6月末を以てeonetのサーバーに置いていたWebサイト「吟遊旅人」がなくなりました。プロバイダー契約を解除したのがその理由です。

 「吟遊旅人」内に掲載していたコンテンツについてはいずれ時間のあるときに少しずつはてなblogに引っ越ししますが、いつになるやらわかりません。

 この結果、古い映画評約1000本が閲覧できなくなっています。

女王陛下のお気に入り

 2月に見た映画。

f:id:ginyu:20190604005728p:plain

 斬新な映像感覚、研ぎ澄まされた音の効果、緊張と弛緩のほどよい交錯。三人の女の演技がぶつかる興奮。映画的興奮を味わわせてくれる、わたし好みの作品だ。

 舞台は18世紀初頭のイングランド。この当時の国王であるアン女王のことはまったく知らなかった。それだけに、どこまでが史実なのかよくわからない女三人の権力争いがスリリングで先を読ませない面白さがある。権力争いといっても絶対的権力を持っているのは女王一人。とはいえ、女王も議会の趨勢を無視することはできない。フランスとの戦争を続けるのか止めるのか、心揺れる女王に賛否両派が取り入ってくる。

 政治劇の面白さと女の寵愛争いがからみあって目が離せない。アン女王は17人の子どもに死なれた悲劇の女王であり、子どもたちの代わりにウサギを飼って冥福を祈る日々を過ごす。

 室内のシーンが多いゆえ、窓からの光や蝋燭の光が印象深く、暗闇の中でも微妙に浮かび上がる人物など、実に撮影がうまい。広角レンズを多用しているため、非日常的で不思議な感覚が生まれてユーモラスだ。ただし、この撮影については賛否両論ある模様。うちのYも広角レンズは嫌いだと言っていた。

 思うに、権力争いをする者たちは男であろうと女であろうと醜い。その醜さにさまざまな「人間らしさ」が垣間見えて、それは遠い時代の遠い国の絵空事という感じがしない。今の日本でもいろんな局面で似たようなことがあるのではないか。宮廷内のお遊びも醜い争いも権力欲も性欲も嘔吐や泥といった不潔な描写も、すべて非常に面白くて画面から目が離せない。初めは清純派のようないでたちで現れたエマ・ストーンが、たちまち女王の寵愛を得てのし上がっていく様子も見事で、どんどん権力欲にまみれた高慢ちきな悪女へと変貌していく様も小気味よい。

 とにかく主役3女優の演技が素晴らしくて、こういう映画って見ていて飽きない。病弱でやつれた(かつ肥満)アン女王を演じたオリヴィア・コールマンはオスカーを獲った。レイチェル・ワイズエマ・ストーンはノミネートされた。いずれも納得の演技である。今年必見作の一つ。 

(2018)
THE FAVOURITE
製作:セシ・デンプシーほか
脚本:デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ
撮影:ロビー・ライアン

僕たちは希望という名の列車に乗った

f:id:ginyu:20190530010118p:plain
 まだベルリンの壁が築かれる前の1956年に、東ドイツから西ドイツへ亡命した高校生たちの実話を基にした物語。原題は「静かな教室」。映画化を機に、原作となった主人公の手記が『沈黙する教室』と題して日本でも出版されることとなった。見終わって直ちに「原作を読みたい!」という熱望が沸き上がる優れた作品だ。
 列車に乗って東側から西側へと移動する高校生男子二人の姿を楽し気に描くことから映画は始まる。彼らは今はアメリカ占領地にある祖父の墓参りに行くのだ。祖父はナチスの兵士だった。「無駄な死だ」と祖父の死を嘲笑うかのような孫世代の語りがこの映画の通奏低音となる。つまり、戦犯としてのドイツ国民の存在を戦後世代はどう見たのか、というテーマがここには横たわっている。
 高校生二人は女の裸が見たくて西ベルリンの映画館にもぐりこみ、偶然にもニュース映像でハンガリー動乱のことを知ってしまう。衝撃を受けた彼らクルトとテオは翌日の授業が始まる前に同級生たちに「亡くなったハンガリーの人たちに黙祷を捧げよう。次の歴史の授業では2分間、沈黙しよう」と呼びかけ、多数決でその「黙祷」が決まる。それは高校生たちのほんのささやかな反抗であり、どちらかというとちょっとした悪戯のようなものだったのだ。しかし、この「いたずら」が彼らの一生を左右するような大事件へと拡大するのである。。。
 高校生たちがほんの2分間歴史の授業で沈黙を守ったというだけのことが、社会主義への脅威としてフレームアップされていく恐ろしさがリアルに伝わってくる。学校内のことだけに収まらずにことは郡学務局に通報され、恐るべき女性官僚ケスラーがやってくる。「誰が首謀者なのか」と彼女の詰問に答える生徒たちの恐怖が観客にも伝わる。そしてついには人民教育大臣までが学校にやってくるのである。
 実はクルトとテオのクラスはエリート養成学級で、彼らは卒業すると大学への進学が許され、テクノクラートとして立身出世の道が約束されているのだ。この大臣というのが本作の監督であるラース・クラウメの「アイヒマンを追え!」で主役のフリッツ・バウアー検事を演じたブルクハウト・クラウスナーなのである。実に役者だ、まったく違う役を見事に演じていて感動した。貫禄たっぷりのブルクハウト・クラウスナーの恐ろしい演技に縮み上がる。
 生徒たちは、仲間を売ってエリートコースを進むのか、それとも!という人生の岐路に立たされる。まだ十代の彼らがその選択を迫られたとき、どのように行動するのだろうか。
 第二次世界大戦が終わって11年後のドイツでは、西も東も戦争中の一般人の犯罪については指弾することがなかったのだろう。その子どもの世代では親の戦争犯罪について隠蔽されていたことが痛いほど伝わる。英雄のはずだった父が実は裏切者だったとか、社会主義政権に反乱した親が今ではすっかり生活保守主義者になっているとか、様々な事情がリアルに伝わる見事な演出だ。
 ナチスの支配からスターリンの支配へと容易に移り変わっていった東ドイツの様子がここでは垣間見える。いずれにしても全体主義国家であったことに変わりはない。ファシスト!と糾弾されれば色をなして「何を言うか! 私はナチスと闘ったのだ!」と反論する大臣は自身がナチスに取って代わったことに気づいていない。
  邦題には大いに疑問と異議あり。そもそも「希望という名の列車」というほど明るい話でもないし、資本主義国への亡命が「希望」なのか? 社会主義国家に比べて「自由」があったかもしれないが、資本主義万歳のように見えるこのタイトルは納得できない。
 とはいえ作品全体はとてもよくできていて、緊張感が最後まで持続し、若者たちの苦悩や悲しみ、恋、正義感といったこの年代特有の感情が横溢していて、なぜかとても懐かしさを感じてしまった。と同時に、引き裂かれる家族の悲しみには涙せずにはいられない。
 どこかで聞いたことがあるようなメロディの音楽も美しい。また、今はもう失われた製鉄所の溶鉱炉での過酷な労働現場が映る、労働映画でもある。テオの父親が製鉄所で働いている様子は、何かの罰ゲームのように厳しい暑さとの闘いである。
 ところで、昔は映画館で本編上映前にニュース映像が流れていた。今では、国民民主党のCFが流れるのである。玉木雄一郎代表が武将のいでたちで登場する時代劇の映像には驚いた。 
 (2018)
DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER
111分
ドイツ

監督:ラース・クラウメ
原作:ディートリッヒ・ガルスカ『沈黙する教室』
脚本:ラース・クラウメ 
音楽:クリストフ・カイザー、ユリアン・マース
出演:レオナルド・シャイヒャー、トム・グラメンツ、ヨナス・ダスラー、ロナルト・ツェアフェルト、ブルクハルト・クラウスナー、レナ・クレンケ、イシャイア・ミヒャルスキ

バジュランギおじさんと小さな迷子

  2月に見た映画。

f:id:ginyu:20190527162258p:plain

 主役のサルマーン・カーンは実年齢が50歳に近いから、若者の役をするのはかなり苦しいものがある。タイトルが「おじさん」だから、おじさん役なのかもしれないが、主人公のバジュランギは年齢不詳の若者おじさんである。
 して、物語は。パキスタンからやってきたムスリムの口のきけない女の子は、インドで母親とはぐれてしまう。偶然通りかかったバジュランギという親切な青年に拾われるが、発声できないために身元が不明である。なんとか親の元に返してやりたいと手を尽くすバジュランギは、少女のしぐさなどからどうやらムスリムらしいと気づいた周囲が「異教徒の娘なんか!」と眉を顰めても彼女を親の元に返すことを決意し、インドから国境を越えてパキスタンへとパスポートも持たない旅に出る。
 という、ロードムービーもの。ひょっとして実話かもと思ったが、フィクションであり、それだけに波乱万丈のストーリーに手に汗握る。インド映画だからもちろん歌って踊るシーンはふんだんに。バジュランギは新婚さんなので、美しい花嫁も登場する。という、歌あり踊りあり超絶可愛い子役あり華やかな衣装と美女と、観客サービスてんこ盛りの娯楽作。娯楽作といえども、立派な社会派作品であり、人情ものでもある。
 宗教対立が続くインドで、共生と互助の大切さを訴える異色作ともいえる。 音楽もよし。ベタな演出でもいい、そんなことは気にならない。「憎しみよりも愛を!」と訴えるラスト、パキスタンとインドの国境を挟んで群衆が押し掛けるシーンは涙なしには見られない。あんなに可愛い子役を出してくるなんて反則だ。ハンカチを用意して見ましょう。
 この映画がインドで大ヒットしたという事実に救われた気持ちがする。いつかきっと対立の歴史に終止符を打とう。インドの人々はそう確信したに違いない(たぶん)。
 
(2015)
BAJRANGI BHAIJAAN
159分
インド
監督:カビール・カーン
製作:サルマーン・カーン、ロックリン・ヴェンカテシュ
原案:V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
脚本:カビール・カーン、パルヴェーズ・シーク、V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
撮影:アセーム・ミシュラー
音楽:プリータム
出演:サルマーン・カーン、ハルシャーリー・マルホートラ、カリーナ・カプールナワーズッディーン・シッディーキー、シャーラト・サクセーナ

ブラックパンサー

f:id:ginyu:20190522222709p:plain
 タイトルを見たときに、てっきりマルコムX関連の話だと勘違いしていたが、本作は黒人帝国の王族たちの活躍を描くSF大作である。

 アカデミー賞美術賞と衣装デザイン賞を獲ったのも当然の、非常に印象深いコスチュームと美しいセットが楽しめる。そのうえ、槍を使ったアクションも斬新で目を見張る。
 こういう作品は目新しいので瞠目するが、いずれは陳腐なものになるだろう。そういう意味で、旬の映画である。主人公はアメコミ史上最初の黒人ヒーロー、ブラックパンサー。彼はアフリカに存在するという設定のワカンダ国の王である。ここは、超高度な文明国であるにもかかわらず、能ある鷹は爪を隠して一切の高度技術を秘境に隠匿し、世界中からその実態を知られることのない文明国である。
 ブラックパンサーの本名はティ・チャラといい、かれは自国に眠る希少鉱石“ヴィブラニウム”の超絶パワーが世界を崩壊へと導きかねないことを先祖代々から教えられていて、その秘密を守る任務を負っている。しかしその秘密がアメリカCIAにかぎつけられてしまった! ここから始まる世界平和をかけた壮大な戦いの行方は!!
 というアドベンチャーアクション映画である。そもそもティ・チャラが国王に就任するにあたっては、周辺氏族の長からの挑戦を受けて彼らすべてを腕力で打ち負かす必要がある。そういう「原始的」な通過儀礼をクリアした者だけが国王に君臨できるのだ。その他いろいろと決められている掟の数々が「文化人類学的」に面白い。
 今回のヒーローがブラックアフリカンであると同時に、その彼を助ける女性たちがめっぽう強いところも、昨今の政治的配慮が行き届いている作品である。そして、ブラックパンサーが自国の秘密を死守することをわが使命とするのか、その秘石のパワーを全世界の平和のために使うのかを悩み葛藤するところなどは、一国社会主義か世界革命かというかつての社会主義革命路線の対立を地でいくような展開であり、大変に興味深い。
 アクション、美術、革命路線すべてにおいて見ごたえのあるニューヒーロー誕生の映画を堪能した。(Amazonプライムビデオ)

パパは奮闘中!

f:id:ginyu:20190519095309p:plain
 ある日突然幼な子二人を残して妻が失踪した。夫は突然の出来事に困惑しながらも、子育てに追われて孤軍奮闘。仕事人間だった彼は日常家事の何をどうしていいのかもわからず、懸命に子どもたちを育て、そしていなくなった妻の行方の手がかりを得ようとするが。。。
 という展開はまさに「クレイマー、クレイマー」(1979年)そのものだが、この作品との違いは、「クレイマー」が心温まるユーモアに溢れていたのに対して、「パパは奮闘中!」はその楽し気なタイトル(原題は「私たちの闘い」)と裏腹にたいへんシビアで暗い画風であるという点。コメディっぽいタイトルと笑顔のポスターに騙される観客も多いのではないか。全然明るくないし見ていてどんどんつらくなってくる。
 だが、感心した点もある。フランス映画の「パパは奮闘中」には労働組合の存在が描かれていることだ。クレイマー氏は一人で子育てを頑張っていたが、その結果失業してしまった。対して、フランスの主人公オリヴィエは実家の母や妹の助けを得るし、職場の仲間もなにかと支援の手を差し伸べてくれたり、新たな仕事のオファーをくれたりする。アメリカでは個人の身にかかった不幸は自己責任で本人が解決しようとするが、フランスでは仲間が助けあう。オリヴィエを助けてくれる人たちがいるのは、彼がもともと普段から仲間を思いやっていたからだ。
 しかし、米仏のパパはどちらも仕事中毒であったことは間違いない。その結果家庭を顧みず、妻の不満や精神的疾患にも気づかなかった。クレイマーの場合は妻がはっきりと不満を述べて家を出たが、オリヴィエの妻は何も告げずにある日突然失踪してしまった。何日か経ってからやっと手紙が家に届いたのである。
 クレイマー夫妻は離婚して泥沼裁判が始まったが、オリヴィエたちはどうなるのだろう。
 この映画の特筆すべき点はロマン・デュリスの熱演と子役の愛らしさである。ロマン・デュリスはこれまでの役のイメージを払拭するような、普通の労働者を地道に演じている。そして子役二人が本当に愛らしくて、セリフはほとんどアドリブと思えるほど自然だ。
 この映画が、ネット販売の大規模配送センターでの仕事の様子を描く労働映画でもあることが見どころの一つ。労働組合の存在に力を得る人、失望する人、それぞれに組合活動に熱心に取り組むからこその現実の苦難もまた誠実に描かれる。さすがは黄色いベスト運動がいまだに続くフランスらしく、労働組合のデモも頻繁に行われている。
 また、オリヴィエが等身大の人間として苦悩し、妻の家出中に他の女性によろめいたり、家族に八つ当たりしたり、と本当にそのリアリティに涙ぐむほどだ。
 妻の必死の「逃亡」が夫を目覚めさせ、家族を再び再会させられるのかどうか。結論は出ない。 全般に暗い話が展開するにもかかわらず子どもたちの愛らしさがその息の詰まるような雰囲気に風穴を開けてくれるし、なんといってもラストがいい。最後の最後に、「ああ、この映画を観てよかった」と思えた。労働者万歳! 
(2018)
NOS BATAILLES
99分
ベルギー/フランス
監督:ギヨーム・セネズ
脚本:ギヨーム・セネズ、ラファエル・デプレシャン
演:ロマン・デュリスロール・カラミー、レティシア・ドッシュ、ルシー・ドゥベ、バジル・グルンベルガー