吟遊旅人ピピのシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。感謝。

さよなら歌舞伎町

 細かく何回にも分けて観たから、ストーリーがいまいちよくわからなくなってしまったが、なかなかに面白い群像劇。

 新宿・歌舞伎町のラブホテルが舞台だけあって、身体を張った女優の演技が続出するのだが、わけありの人々ばかりが登場するホテルの24時間は結構切なく暗い。

 ラブホテルの清掃員を演じた南果歩が素晴らしい演技を見せていて、ちょっとしたしぐさや表情に彼女が背負って立つものの重さや辛さ、投げやりな感じがとてもよく出ている。この清掃員は時効を2日後に控えて、愛人とひっそり隠れ暮しているのである。南果歩が意外とコメディにもいけるんだとわかった。この人、中年になっていい味を出している。

 ヒロインのはずの前田敦子の影が薄いのはどういうわけか。それに引き換え、韓国人女優のうまさには舌を巻いた。このパートの良さは格別だし、最後に泣き笑いの結末が待っているのがしみじみさせられた。

 売春する女、買う男、逃げるおばさん、W不倫の警官、福島の原発立地からの避難者である主人公の若者は、恋人に「一流ホテルに勤めている」と嘘をついてラブホテルの支配人をしている。いろんな人々の悲喜こもごもが歌舞伎町の小さなラブホテルを舞台に繰り広げられる。作り話なのだから、偶然がいろいろ重なるという非現実的な展開もあるけれど、それはそれで面白い。(レンタルDVD)

135分、日本、2014
監督:廣木隆一、製作総指揮:久保忠佳、脚本:荒井晴彦、中野太、撮影:鍋島淳裕、音楽:つじあやの
出演:染谷将太前田敦子、イ・ウンウ、ロイ、樋井明日香我妻三輪子忍成修吾大森南朋田口トモロヲ松重豊南果歩