吟遊旅人ピピのシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。感謝。

ピンクパンサー2

 「恋するベーカリー」で「どこかで見覚えのある俳優が出ているなぁ」と思ったらスティーヴ・マーティンだった。真面目な役で登場するくせにやっぱり爆笑場面が1カットだけあった。

 というわけで、スティーヴ・マーティンつながりで「ピンクパンサー2」。「1」よりもっと大笑い。フランスが舞台なのにフランス人まで英語をしゃべるという無茶苦茶なお話も前作通り。ドタバタぶりは相変わらず、というより一層パワーアップして、吉本新喜劇か、これは。しかし単なるドタバタだけではなく、「政治的に正しくない」発言をいちいち矯正してくれるフェミニストが登場したりして、強烈なブラックジョークが効いている。ローマ教皇も笑いの種にされるし、タブー知らずの恐るべきコメディ。(レンタルDVD)

THE PINK PANTHER 2
91分,アメリカ,2009
監督: ハラルド・ズワルト,製作: ロバート・シモンズ,脚本: スコット・ノイスタッター, マイケル・H・ウェバー,スティーヴ・マーティン,音楽: クリストフ・ベック
出演: スティーヴ・マーティン, ジャン・レノ,アルフレッド・モリナ, アンディ・ガルシア,リリー・トムリン