吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

女帝 エンペラー

https://eiga.k-img.com/images/movie/1905/photo/0f9ec49687088b3f/640.jpg?1469170418

 五大十国時代の中国宮廷を舞台に陰惨な復讐劇が繰り広げられる。「ハムレット」を原案とするだけあって、話がとにかく暗い。しかし美術は豪華で格式高く、衣装やセットを見ているだけで満足できる作品だ。演出は重々しく、悲劇の色合いと残虐な刑の執行やらの凄惨な場面とで見る者を恐怖に陥れる。

 皇帝を暗殺したのは弟であったが、その事実は隠され、弟は兄に代わって即位する。新たな皇帝となったリーは、甥である先帝の息子・皇太子の命をも狙っている。その皇太子は先帝の妃にとっては継子に当たるのだが、継母である妃のほうが年下であった。妃は密かに皇太子と愛し合っており、皇太子の命を守るために新たな皇帝に嫁ぐことを承諾した。そしていつかは自分の夫である先帝を殺した今上帝を亡き者にしようと機会をうかがっていたのであった。

 という、身内同士の殺し合いの憎悪と愛情が複雑に絡んだドロドロ劇。アクションシーンの演出は相変わらずワイヤーだらけなのだが、様式美が素晴らしく、雪の中の暗殺隊の登場にはあっと驚いた。なかなか仕込みがよい。

 この映画に何を求めるかによってまったく評価が変わってくるだろう。人間ドラマを見たいという向きにはお薦めではないが、豪華で壮大なセットを堪能したい観客にはお薦めできる。体をくねらせてスローモーションで踊る、大駱駝艦の舞踏みたいな仮面劇も惹かれるものがあった。

 この映画のタイトルでもある、「宴会」が開かれる最後のクライマックスの盛り上げ方や緊張感も見事だ。ラストシーンに漂う哀切はなんともいえない。権力欲にまみれた者たちの末路を映し出して哀れを誘った。(Amazonプライムビデオ)

2006
夜宴
中国 / 香港 Color 131分
監督:フォン・シャオガン
アクション監督:ユエン・ウーピン
脚本:フォン・シャオガン
撮影:レイモンド・ラム
音楽:タン・ドゥン
出演:チャン・ツィイーダニエル・ウー、グォ・ヨウ、ジョウ・シュン、ホァン・シャオミン