吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

2020年の映画マイベスト

 今頃なんだけれど、去年の映画の振り返り。ベストを選ぼうと考えて数えていったら、劇場で見た作品はわずか29(試写会場を含む)。DVDやネット配信で見たのは120で、合計149本だった。

 それ以外にテレビドラマの「愛の不時着」にはまりまくっていたのと、「サバイバー」にプチはまり、という状態。かつての第一次韓流ブーム「冬のソナタ」はまったく肌が合わなかったのであるが、今回ははまりまくり。あと、ドラマで面白かったのは「ROMA」であった。「下町ロケット」もよかった、泣きながらみたよ~。テレビ放送はビタ1分も見ないため、ドラマもすべてDVDかネット配信で一気見している。

 毎年言っていることだが、あくまでも個人的好みのベストなので映画の完成度とはまったく無縁。さらに言えば、ベスト10といった序列をつけること自体に反対される方もいると思うし、そういう意見には賛同している。

 また、ここに挙げた映画は全部感想をアップするつもりで、まだ掲載していない分については映画を見た時点に遡って記事を投稿するので、感想を読みたいという奇特な方がおられたら、記事検索をして探してください。

◆最も感銘を受けた映画、繰り返し見たい作品
男と女 人生最良の日々
パブリック 図書館の奇跡
レ・ミゼラブル
昔々、アナトリア
荒野の誓い
在りし日の歌

◆笑った!
最高の花婿 アンコール
エクストリーム・ジョブ

◆これは極上サスペンス
9人の翻訳家 囚われたベストセラー
スパイの妻
工作 黒金星と呼ばれた男

◆頭を空っぽにできる
アナ

◆頭が混乱する
TENET テネット

◆悲惨さに絶句
赤い闇 スターリンの冷たい大地で

◆作品のうまさに舌を巻く
パラサイト 半地下の家族

◆美しい映画
黒衣の刺客
ディリリとパリの時間旅行

◆お薦めの伝記、実話
ジュディ 虹の彼方に
ピータールー マンチェスターの悲劇

◆戦争映画
レバノン
1917 命をかけた伝令

◆ドキュメンタリー
僕は猟師になった