吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

トレイン・ミッション

f:id:ginyu:20200101083445p:plain

 ご都合主義も極まれり、というありえない設定だけれど面白いから許す。

 リーアム・ニーソンが登場すると、とりあえずダイハードな展開だな、ということは予測可能。で、その通りに話は進む。これが気持ちいいのである。今回は通勤列車内で起きる「普段の通勤客ではない見慣れない客で終着駅で降りる者を見つけろ。その人物の名はプリン」という不思議なミッションを背負った元警官、今は失業したばかりの保険屋マイケル。向かい同士の席に座った妙な美女から「10万ドルの報酬を渡すから」という依頼を受けた。なんことかわからないけれどとりあえず家族が人質にとられてしまったということはわかった。やむなくマイケルは携帯で送られてくる女の指示通りに列車内を捜索していくのだが、その最中に殺人事件が起きてしまう。

 謎が謎を呼ぶスリリングな展開に。さてどうなる! 終着駅はまもなくだぁぁぁ!

 てか、こんなありえない設定をよく考えたもんだと感心した。おまけに列車内外でのありえないようなアクションアクションアクション! 暴走列車の転覆という恐ろしい場面もあって、JR西日本脱線事故を思い出してぞっとしてしまった。

 ほぼ荒唐無稽な話だけれど退屈はしないので、けっこうお薦め。そうそう、俳優陣も豪華です。サム・ニールは久しぶりに見たような気がする。(Amazonプライムビデオ)

2018
THE COMMUTER
アメリカ / イギリス   105分 
監督:ジャウマ・コレット=セラ
脚本:バイロン・ウィリンガー、フィリップ・デ・ブラジ、ライアン・イングル
音楽:ロケ・バニョス
出演:リーアム・ニーソン  マイケル・マコーリー
ヴェラ・ファーミガ  ジョアンナ
パトリック・ウィルソン  マーフィー
ジョナサン・バンクス  ウォルト
エリザベス・マクガヴァン  カレン・マコーリー
フローレンス・ピュー  グウェン
サム・ニール  ホーソーン警部