吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

2017-10-28から1日間の記事一覧

ブレードランナー 2049

レプリカントとして差別される者の悲哀が全編を覆う。ラストシーンの切なさは特筆もの。心に残るSFアクション映画がまた一つ誕生した。 前作では2019年のロサンジェルスは退廃した街だった。今作2049年ではもう退廃を通り越えて荒廃しきっている。そこに暮ら…