吟遊旅人のシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。写真は映画.comからリンク取得。感謝。㏋に掲載していた800本の映画評が現在閲覧できなくなっているので、少しずつこちらに転載中ですが全部終わるのは2025年ごろかも。旧ブログの500本弱も統合中ですがいつ終わるか見当つかず。

2014-04-28から1日間の記事一覧

ザ・コール 緊急通報指令室

わたしが去年見た中で一番怖かった映画。このスリルとサスペンスは一級品。 コールナンバー911は日本で言うところの110番。911のオペレーターを描いた初の映画だという。これを見てわかることは、911オペレーターは単なるオペレーターではない。ある意…

最愛の大地

ボスニアの内戦を描いた力作。ボスニアの俳優にわざわざ訛った英語をしゃべらせた是非はともかく、今この映画を撮ることがアンジーにとっては大事だったのだろう。社会的活動に熱心で、国連難民高等弁務官事務所の親善大使を長らく務めてきた彼女ならではの…

オール・イズ・ロスト 最後の手紙

ロバート・レッドフォードがすっかりおじいさんになっているのには驚いた。特に、手。手に老化が現れていて見るに忍びない。しかし、おじいさんはお爺さんなりに素敵な歳のとりかただ。かっこいい男はいくつになってもかっこいい。ふと自分の手を見たら、わ…