吟遊旅人ピピのシネマな日々

歌って踊れる図書館司書、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)の館長・谷合佳代子の個人ブログ。映画評はネタばれも含むのでご注意。映画のデータはallcinema から引用しました。感謝。

被災地の図書館、文書館などの復興支援サイト、本格始動

 震災以来、更新が滞っていました。自館エル・ライブラリーも怒涛の年度末を過ごしており、資金難のおり、家賃が払えるのかというギリギリの状況でしたが、金策に駆けずり回った結果、トホホな状態ですが大阪府に2011年度の家賃を前払いしたので、橋下知事に追い出される最悪の事態は免れました。
以下は、わたしが館長を務めるエル・ライブラリーのブログからそのまま転載しています。図書館や博物館、文書館は地域資料の宝庫であると同時に知のインフラです。それらの復興支援活動に興味をもたれるかたはぜひお読みいただき、ご自身ができるところから、参画してください。

以下、エル・ライブラリーのブログより転載

4月4日の「被災地の図書館を救え!”SaveMLA”」http://d.hatena.ne.jp/l-library/20110404の続報です。

 昨日、3月11日の震災から一カ月を機に、「博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報サイト ”saveMLAK ”」http://savemlak.jp/wiki/SaveMLAが本格始動しました。

 当初、図書館支援から始まったこの動きは、文書館(アーカイブズ)、博物館、美術館、公民館にも広がっています。

 エル・ライブラリーもこの活動に賛同し、自館の情報を掲載しています。関心を持たれたかたはぜひ参画してください。

 以下、昨日公表されたプレスリリースを転載します。

2011年4月11日

報道関係各位

saveMLAKプロジェクト

saveMLAK - 博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報サイト、始動



東日本大震災を受け、博物館・美術館(Museum)、図書館(Library)、文書館(Archive)、公民館(Kominkan)(以下、MLAK)の関係者及び支援者では、上記各施設の被災情報・救援情報を集約した「saveMLAK - 博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報サイト」(以下、saveMLAK)を開設しました。情報の集約と集約した情報に基づく、円滑な支援の実施のために、本サイトの存在を広く周知したく、記事掲載等をお願い申し上げます。

saveMLAK - 博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報サイト

http://savemlak.jp/

saveMLAKは、東日本大震災で被害を受けた被災地域の文化・歴史を支え、地域の交流・学習・情報拠点としての役割を担ってきた博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報を集め、その情報を共有することを目的としたサイトです。現在は被災情報をおおむね集約し、現地が必要とする救援情報の集約を進めつつあります。すでに専門知識を有する多数のMLAK関係者及び支援者からボランティアの申し出を多数いただいており、現地とボランティアの適切なマッチングを図りながら、現地の復興支援を進めてまいります。

しかし、ご存知のように被災地は依然として寸断され、現地で必要とする支援が明確でない状況にあります。saveMLAKでは、現地が必要とする支援の情報を積極的に収集・発信してまいりますので、報道各社はもとより個人の方々からの積極的な情報提供を歓迎いたします。

また、MLAKの施設と機能の復興と、それによる被災者・被災地の復興支援に携わるボランティアの申し出も引き続き受け付けてまいります。重ねてのお願いとなりますが、広くご周知いただけますと幸いです。

saveMLAK専門技能ボランティア(プロボノ)登録フォーム

http://bit.ly/saveMLAKform

なお、来る4月23日(土)には、学習院大学(目白)にて緊急討議「東日本大震災 被災支援とMLAK−いまわたしたちにできることは」を開催いたします。多くの方々にご参集いただきたく、あわせて広報にご助力賜れますと幸いです(詳細後記)。

【お問い合せ先】

saveMLAK パブリック・リレーションズ担当:岡本、山村、北岡

E-mail: pr@savemlak.jp

電話:070-5467-7032(岡本)

住所:神奈川県横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F さくらWorks<関内> アカデミック・リソース・ガイド株式会社 内 saveMLAKプロジェクト

1. 「saveMLAK - 博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報サイト」 

URL: http://savemlak.jp/ 2011年4月11日より本格始動開始


【画像別添:saveMLAKcapture.png】

2.「saveMLAK - 博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報サイト」は、以下の4つのウィキサイトを集約・統合したものです。

(1)「savelibrary @ ウィキ - 東日本大地震による図書館の被災情報・救援情報」

URL:http://www45.atwiki.jp/savelibrary/ 2011年3月12日開設

開設責任者:岡本真(ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長)

(2)「savemuseum @ ウィキ-東日本大地震によるミュージアムの被災情報・救援情報」

URL:http://www45.atwiki.jp/savemuseum/ 2011年3月12日開設

開設責任者:山村真紀(ミュージアム・サービス研究所主宰)

(3)「savearchives @ ウィキ-東日本大地震によるアーカイブズ関連施設の被災情報・救援情報」

URL:http://www47.atwiki.jp/savearchives/ 2011年3月13日開設

開設責任者:宇野淳子(首都圏地域資料情報ネットワーク)・後藤真花園大学

(4)「savekominkan @ ウィキ-東日本大地震による公民館の被災情報・救援情報」

URL:http://www45.atwiki.jp/kominkan/ 2011年3月16日開設

開設責任者:公民館海援隊

3.緊急討議「東日本大震災 被災支援とMLAK−いまわたしたちにできることは」

(1)日時:2011年4月23日(土) 13:00〜14:30

(2)場所:学習院大学(目白)南3号館203教室

(3)呼びかけ人:saveMLAK有志

(4)開催の呼びかけ:

3月11日の東日本大震災から週明けで一ヶ月が経ちました。この未曾有の災害に直面し、救命とライフラインの復旧が何よりの課題でありますが、同時に失われた多くの文化財のあることも私たち、博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)に関与するものは深い衝撃を持って受け止めざるをえません。

震災の当日より現在まで、被災・救援情報サイトを構築しsaveMLAKにいたっている者たちの有志により、震災後、直近の関連学協会である日本アーカイブズ学会の年次大会に先立ち、標記の会合を持つことにいたしました。MLAKに関わる多くの方々のご参集と今後の取り組みの展望へ向けて、討議が広く展開されることを期待いたしております。

(5)スケジュール・登壇予定者:

調整中。確定後、別途案内いたします